ご祈祷・お祓いのご案内

御祈祷(ごきとう)は神様に祈りを捧げるとても大切な儀式です。

高松総鎮守、高松の大氏神として古来より人々に幸せを授けてきた石清尾八幡宮の御神徳に依り、初宮参り・安産・厄祓・交通安全・七五三・商売繁盛・家内安全・スポーツ必勝・武芸上達、病気平癒などの御祈祷を奉仕致します。

八幡宮内部
ご祈祷・お祓いの様子

お祓いの受付時間

午前8:00〜午後4:00(年中無休)

※祭典・結婚式等でお待ちいただく場合がございますので、電話でお問い合わせください。

087-862-5846

お祓いの種類

会社団体祈祷(商売繁盛、安全祈願など)・・・予約制

出張祭典(地鎮祭、入居清祓、開店清祓など)・・・予約制

一般祈祷(初宮詣、安産詣、車祓、厄祓、病気平癒、心身健康、家内安全、七五三詣、合格祈願など)

※一般祈祷は予約制ではありません。受付時間内においで下さい。
但し、祭典、結婚式等によりお待ち戴く時があります。

出張祭典

大祓式おおはらえしき
人形見本毎年、6月・12月に斎行される祓いの式で、人が生きていくうえに知らず知らずに背負う罪、ケガレを半年毎に人形(ひとがた)に託し、祓い清めます。
安産詣あんざんもうで

妊娠5ヶ月頃の戌の日(いぬのひ)に、腹帯をお持ちいただき御祈祷を受けます。

帯祝いととも言い、当宮では受付の際に、腹帯に朱印を捺印しています。
腹帯は当宮では用意しておりませんので、ご持参ください。
「帯」にこだわらず、実際にお使いになられるマタニティベルトなどで結構です。

初宮詣はつみやもうで
初宮参り

打ち掛けの着物(祝着)を掛けてご祈祷を受けるのが本義とされています。

初宮詣とは、神様に初めて子供をご覧いただく祝の儀式です。
一般的には一カ月後のお子様、お母様の体調の良い日を選んでお参りしますが、香川では百日(ももか)参りという習慣があり、だいたい百日目にお参りされます。

七五三詣しちごさんもうで
千歳あめ

男子は3歳・5歳、女子は3歳・7歳のおりに、その年の11月に氏神様にお参りします。

かつては3歳になると男女共に髪置きという儀式がありました。
男の子が5歳になると初めて袴をつける袴儀の式、女の子が7歳になると付け袖を取って帯をしめる帯直しの式があり、その都度、神様に子供をご覧いただき健やかな成長を祈る祝いの儀式でありました。

千歳あめ

当宮では、11月中を七五三詣とし、御社頭はきらびやかな和服姿の家族連れで賑わいを見せます。

※七五三祈祷は年間通して受け付けしていますが、11月以外であれば千歳飴などが用意できない場合がございますのでご了承ください。

厄除詣やくよけもうで
厄年とは、前厄(まえやく)本厄(ほんやく)後厄(あとやく)があり、人生の節目のお祓いになります。
厄年早見表
その他のお祓い
車のお祓い、心身健康、必勝祈願、病気平癒、延命長寿、合格祈願、旅行安全等色々ありますので、どうぞお気軽にご相談下さい。
  • 市立祭
    新車祓い

出張祭典

地鎮祭(じちんさい、とこしずめのまつり)
「工事安全祈願祭」とも、また若干意味合いが異なりますが「起工式」とも呼称します。
  住宅や施設の工事を始めるにあたり、石清尾八幡大神・土地の神・建築に関わる神たちをお祀りしてその許しを願い、工事が無事に終わることを祈願する祭典です。
  • 地鎮祭
  • 地鎮祭

写真:両備住宅株式会社様 提供

竣工祭(しゅんこうさい)
神様に施設の工事が終わった報告をし、今後その建物が末永く丈夫であるよう、また建物に住む人や利用する人々が無事であることを祈願する祭典です。
入居清祓(にゅうきょきよばらい)
新しく家を建てられた場合に限らず、中古住宅や集合住宅に入られる際にも行います。
その建物の穢れを祓い除き、これから生活する旨を土地の神様に申し上げ、家庭の安全を祈願する祭典です。
開店清祓(かいてんきよばらい)
新しくお店を構えるにあたり、その土地と建物を祓い清め、産土神と商売の神様に許しを乞い、安全と繁盛を祈願します。
改装や改築、増築、移転の際にもお祓いをするのがより丁寧となります。
井戸神上祭(いどかみあげさい)
井戸埋清祓とも呼ばれます。
井戸は、人間の生活に欠かすことの出来ない水という恵を授けてくれます。建物の移転や改築などで井戸を埋める際には、井戸の神様と水の神様に今までの感謝を申し上げ、これからも水に困ることが無いよう祈願するのが古来からの習わしです。

お祓いの受付時間

午前8:00〜午後4:00(年中無休)

お祓いの種類

■ 一般祈祷(予約は必要ありません
・初宮参り(お宮参り)
・安産祈願
・車祓(新車、中古車問わず)
・厄祓祈祷
・病気平癒祈祷
・心身健康祈祷
・家内安全祈祷
・良縁成就祈祷
・合格祈願(受験・資格試験等)
・諸災消除祈願…など
金6,000円より
※熨斗に包まなくとも結構ですが、お釣りがないようご用意ください。
※金1万円お納めいただいた方には、桐箱入家内安全御守をお渡し致します。
・七五三詣

お子様

1人 金5,000円
2人 金9,000円
3人 金13,000円

※一般祈祷は随時受付しております。受付時間内にお越し下さい。
但し、日によっては祭典、結婚式等によりお待ちいただく時があります。予め電話でお問い合わせください。

社務所 087-862-5846

ご祈祷の様子
初宮参り(お宮参り)

打ち掛けの着物(祝着)を掛けてご祈祷を受けるのが本義とされています。

初宮参りとは、神様に初めて子供をご覧いただく御祝いの儀式です。

全国的には生後30日ほどでお参りされますが、香川県では百日(ももか)参りという風習があり、生後100日前後にお参りされる方もいらっしゃいます。

どちらでも結構ですので、お子様の体調とご家族の都合の良い日を選んでお参りください。

安産祈願

妊娠5ヶ月頃の戌の日(いぬのひ)に御祈祷を受けるのが良いと言われています。

帯祝いとも言い、当宮では受付の際に、腹帯に御朱印を捺印して神前に捧げ、御祈願致します。

腹帯は当宮では用意しておりませんので、これからお使いになる腹帯や、マタニティベルトなどをご持参ください。

七五三詣
ご祈祷の様子

男子は3歳・5歳、女子は3歳・7歳の節目にお参りします。

八幡大神様にお子様の姿をご覧いただき、今までの無事に感謝すると共に、これからの健やかな成長を祈る大事な儀式です。

お子様には千歳飴と大・小のオモチャをお渡し致します。

11月15日が七五三の日と言われていますが、当宮では1年を通して受付しております。

※但し、お撤がりの千歳飴は10月以降にご用意致しますので、それまでにお越しのお子様には代わりに「子ども御守り」をお渡し致します。

厄祓祈祷

厄年には、前厄(まえやく)本厄(ほんやく)後厄(あとやく)があり、それぞれ人生の節目に起こる災いを祓う儀式が厄祓祈祷になります。

その年の節分までにお祓いを受けるのが良いとされていますが、当宮では1年を通して受付しております。

H31 厄年表

車祓
車祓 自動車の交通安全を御祈願致します。
北側の坂を上った絵馬殿周辺に車を停めていただき、下拝殿で御祈祷致します。
その他の祈祷
上記以外にも家内安全、心身健康、病気平癒、試験合格、旅行安全、方位除け、商売繁盛など随時祈願致します。
■ 会社、団体祈祷(予約が必要です)
・商売繁盛祈願
・会社繁栄祈願
・工事安全祈願
・運動必勝祈願、など
上拝殿・・・金20,000円より

50名まで昇殿できます。

下拝殿・・・金10,000円より

約100名昇殿できます。

※お札、お守りは別途お求めください。

・学生スポーツ、武道必勝祈願

(小学生~大学生対象)

上拝殿・・・金10,000円より

50名まで昇殿できます。

下拝殿・・・金5,000円より

約100名昇殿できます。

■ 出張祭典
現地に神職が伺い、祭壇を組み神饌を供え、様々な御祈願を行う祭典のことです。
日にちなどは相談させていただきます。また、当宮がお伺いできるのは旧高松市内になりますので、それ以外の地域の方は、地元の氏神様にお願いするのが良いと思います。 氏神様がわからない場合はこちらへおたずねください。

香川県神社庁087-831-2775

土日祝祭日はお休み

地鎮祭

写真提供:両備住宅株式会社様

・地鎮祭(じちんさい、とこしずめのまつり)
住宅や施設の建設を始めるにあたり、石清尾八幡大神、土地の神、建築を司る神々をお祀りしてその許しを願い、工事が無事に終わることを祈願する祭典です。
・工事安全祈願祭(こうじあんぜんきがんさい)
道路や橋などの工事や、住宅・施設のリフォーム・補強・修繕などの際に、工事の無事と安全を祈る祭典です。
・竣工祭(しゅんこうさい)
神様に施設の工事が終わった報告をし、今後その建物が末永く丈夫であるよう、また建物に住む人や利用する人々が無事であることを祈願する祭典です。
・入居清祓(にゅうきょきよばらい)
新しく家を建てられた場合に限らず、中古住宅や集合住宅に入られる際にも行います。
その建物の穢れを祓い除き、これから生活する旨を土地の神様に申し上げ、家庭の安全を祈願する祭典です。
・開店清祓、火入式(かいてんきよばらい、ひいれしき)
新しくお店を構えるにあたり、その土地と建物を祓い清め、産土神と商売を司る神様に許しを乞い、安全と繁盛を祈願します。
改装や改築、増築、移転の際にもお祓いをするのがより丁寧となります。
・井戸神上祭、井戸埋清祓(いどかみあげさい)
井戸は、人間の生活に欠かすことの出来ない水という恵を授けてくれます。建物の移転や改築などで井戸を埋める際には、井戸の神様と水の神様に今までの感謝を申し上げ、これからも水に困ることが無いよう祈願するのが古来よりの習わしです。
・清祓(きよはらい)
住宅や店舗のお祓いをし、家内安全や商売繁盛を祈願する祭典です。良くないことが続いたり、日々の生活に不安を感じる方は、お祓いを受け神様にお祈り致しましょう。